引っ越し手続きガイド

書類

引越しの際は必要な手続きがたくさんあります。 そこで、引越し前と引越し後に行うべき手続きについて紹介します。

・引越し前
引越し先と引越し日が決まったら、現在の住居の管理会社へ退去の連絡を入れます。 おおむね1ヶ月前までに申し出るように契約書に記載があるため、遅れないように連絡をしましょう。 遅れるとその分の家賃が発生する場合があります。

そして、引越しの2週間ほど前を目安に各種の変更手続きをします。 水道、電気、ガスの会社へ退去の連絡をし、新居での使用開始手続きを行います。 新居でのガスの開栓には立会いが必要な場合が多いので、日程調整のために早めに連絡しておきましょう。

電話、インターネットの移転手続きや、郵便物の転送手続きも忘れずに行いましょう。 これらはインターネットから行えるものが多いようです。

市役所への転出届もこの頃に行います。 手続きの際にもらった転出証明書を持って、引越し先で転入手続きをしますので、大切に保管しましょう。 なお、市内での引っ越しの場合は、転出届は不要となり、引っ越し後に住所変更届を出すのみです。

・引越し後
引っ越し前の自治体でもらった転出証明書を持って、市役所で転入届を提出します。 この時住民票を1通発行してもらっておきましょう。

その住民票を持って、まず運転免許証の住所変更を行います。 運転免許証は身分証明書としてよく使用するため、すぐに変更しておくことをおすすめします。 そして、銀行、クレジットカードの住所変更も忘れずに行っておきましょう。

引越しに関する手続きが漏れていると、新居に引っ越してからすぐに生活が始められなかったり、重要な連絡が届かないなどの支障が出てしまいます。 手続きを忘れることがないよう、しっかりチェックしておきましょう。

このページのトップへ