引っ越しにかかる費用

クローバーと家

引越しをする場合、大抵は引越し業者に頼むことが多いでしょう。
そうなると、まず純粋な引越しのための費用がかかります。どうしてもやむを得ない引越しでお金が足りない場合は一時的なキャッシングもおすすめです。お金を借りるところは色々あるので、http://www.captain-electric.net/に様々なお金借りる方法が紹介されているので、引越しの準備の合間に一読しておくと良いでしょう。
この費用は大型家具の数やダンボールの数、移動距離、時期、エレベーターの有無などによって決まります。

引越し業者の見積もりによってどの程度のトラックが必要かを判断して、金額が決定されるのです。
また、引越しの荷造り、荷解きを自分でやるかどうかで金額は大きく変動します。

そして、この純粋な引越し費用の他にかかるものを忘れてはいけません。

まず、不用品の処分費用です。 大型の家具や家電などの場合、一つあたり1,000円程度の費用がかかるのが一般的です。
また、家電リサイクル法の対象品目の場合、その費用も上乗せされます。 その他、細かい品物も、捨てる場合にはお金がかかるため、売れる物は売りに出すのが賢い処分方法です。

また、エアコンなどの移設がある場合は、その工事費がかかります。 移設工事費は10,000~20,000円程度が相場です。 室外機の位置などによっては、ホースの交換が必要になる場合があり、追加料金がかかります。
そして、引越し時はエアコンのクリーニングに最適なため、クリーニングを行うと15,000円程度かかるようです。

洗濯機の設置も業者での設置の場合は、料金がかかることが一般的です。
無料で対応している業者もありますが、その場合は設置後の水漏れなどの保証がない簡易の設置になります。 プロに頼む場合は5,000円前後の料金がかかります。

その他、ピアノなどの特殊な物の搬送にも特別な料金がかかるので注意しましょう。

引っ越し代を抑えることができると、新居でリフォーム代にその分を回すことができます。トイレリフォームなど、気になるところは修理し新しい生活を始めたいですね。

このページのトップへ